FC2ブログ

データで暴く!証券会社別攻略法

利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~

トップページ立ち読み版プロフィール特商法免責事項・個人情報アフィリエイター様へ2006年~2007年は、IPOマーケットにとって激動の年となりました。
特に2006年は、ライブドアショック以降の新興市場の低迷7月以降の各証券会社のIPO配分ルールの見直し・変更というディープ・インパクトがあったため、環境の変化に対応できない個人投資家はIPOを獲得できなくなったり、公募割れ銘柄ばかり獲得して損失を出すようになりました。
もはや片っ端からすべてのIPOに申し込んでいくような取り組み方では、利益を出せなくなってきたのです。そして2007年に入ってからは、こうした声もよく耳にするようになりました。Aさん:「当たるのはたいして利益が出ない銘柄ばっかり...」Bさん:「もうIPOは儲からないんですか?」そう、もはやIPO(新規公開株)を継続して獲得し利益を出し続けるのは難しくなっているのです、従来までのノウハウでは。でも、実はIPOはやり方さえわかっていれば短期間にローリスクで大きなリターンを手にすることができる効率の良い投資法であることに、今も変わりはありません。
重要なのは、その“やり方”の変化に対応できているかどうか、なのです。申し遅れました。
はじめまして、佐藤ユーセイと申します。私は現在、IPOをテーマにした以下2つのメールマガジンを配信している、現役IPO投資家です。◆『【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション』
(読者数:約10,000/『まぐまぐ!』より無料配信/「まぐまぐ大賞2007」マネー部門ノミネートメルマガ)◆『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』
(読者数:約700/一定の条件を満たした方限定で無料配信)実は、これらのメールマガジンを通じて、私のもとには年間1,000件近くのIPO当選情報が集まってきます。
また、IPOの当選情報に加えて、全国各地の証券会社の情報も多数寄せられています。こうしたことが、結果的に私を日本でもっともIPOの当選情報や証券会社の最新情報を有する存在たらしめています。
これはいわば、私のパートナーが日本全国に散らばり、IPOや証券会社に関する情報を収集し、またIPO投資を実践しその結果をフィードバックしてくださっているに等しい状態です。ですから、私がこれから公開するIPO獲得・証券会社攻略に関する知識やノウハウは、単なる独りよがりの思い込みではなく、多くのデータとたしかな実例に裏づけされたものなのです。もちろん、私自身もIPOの獲得のために日々調査・検証をおこなっています。前述した膨大な情報以外にも、独自に証券会社のIPO配分ルールを研究したり、そこで疑問に感じたことは問い合わせをおこなったり、また証券会社の実際のIPO配分実績データを集計・分析したりといったことを通じて、証券会社ごとにIPO獲得のための仮説をうち立て、日々検証し成果をあげているのです。ここで、簡単にこれまでの成果の代表的な例を紹介します。■ネットワークバリューコンポネンツ(3394)※2005年12月16日上場
公募価格:35万円→初値:120万円(約3.4倍!)
初値売却での利益:95万円!■比較.com(2477)※2006年3月15日上場
公募価格:45万円→初値:270万円(6.0倍!)
初値売却での利益:225万円!■eBASE(3835)※2006年12月26日上場
公募価格:18.5万円→初値:119万円(約6.4倍!)
初値売却での利益:100.5万円!■ウェブマネー(2167)※2007年12月6日上場
公募価格:10万円→初値:35万円(3.5倍!)
初値売却での利益:25万円!もちろん、こうしためざましい収益を生み出した銘柄以外にも、獲得したIPOは多数あります。
こうして利益の出る銘柄を選別して獲得することで、私は毎年数百万円の利益を出し続けているのです。ここまでお読みになって、「どうせ多額の資金にモノを言わせてIPOをゲットしているんだろ?」とお感じになった方もいらっしゃるかもしれません。たしかに資金にモノを言わせてIPOを獲得している方はたくさんいらっしゃいますし、実際私もそうした方々を知っています。
でも、残念ながら私にはあてはまりません。
正直に告白します!私がIPO用に投入できる資金は、わずか数十万円程度です。
というのも、私は他にもデイトレード、スイングトレード、FX、外国株等々さまざまな投資に資金を投入している関係上、IPOにまわせる資金は非常に限られているのです。
そのため、お恥ずかしい話ですが現在IPO用の資金は多くても100万円程度であり、通常は数十万円レベルでやりくりしています。こんな私が、いったいどうやってIPOを獲得し続けているのか、知りたくありませんか?その方法こそが、実はここで紹介する「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」なのです!「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」とは、ひとことで言えばという手法です。私はこの「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」を実践するために、つねに30社以上の証券会社のIPO配分ルールおよび実際のIPO配分実績データを研究・分析し、調査・問い合わせ等をおこない日々情報収集に努めています。
そして、そこから証券会社ごとに攻略法を導き出し実践することで、実際前述した100万円にも満たないような少資金でもその資金額をはるかに上回る利益をIPOから得ているのです。ここまでお読みになって、「なんだか面倒くさそう」「自分には無理」とお感じになった方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、まったく問題はありません。
なぜなら、これら一連のプロファイリング自体は、私がすでにおこなっているからです。ですから、あなたは、私がこれまでおこなってきた
プロファイリングの成果=結論だけを見ればいい
のです!実は、このたびこの独自のIPO獲得ノウハウである「IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術」を、一冊のE-BOOK(電子書籍)にまとめました。
それが、ここで紹介する『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』です。このE-BOOKには、いったいどんな情報が、そしてノウハウが記されているのか。
ここで、あなただけにその中身をお見せします。序章 基本を知るための情報源~IPO(新規公開株)獲得に向けて~1 一般書籍
2 WEBサイト&メールマガジン通常E-BOOKには、市販されている一般書籍では知り得ないような情報・ノウハウが記されています。
こうしたいわば貴重な情報・ノウハウに価値を見い出した方が、一般書籍よりも高価なE-BOOKを購入するわけです。そのため、逆に多くのE-BOOKでは一般書籍に書いてあるような内容は省略されています。
実際私のE-BOOKでも、“そもそもIPOとは何か”といった一般書籍を読めばわかるような基本的なことは書いてありません。とはいえ、これではIPOにこれから取り組もうという方や初心者の方には不案内です。そこで、まずは序章としてIPOに関する基本的な知識を学びとることができるお勧めの一般書籍・WEBサイト・メールマガジンを厳選して紹介しています。
IPO入門者・初心者の方はここに紹介されている情報源に前もって、もしくは同時並行で目をとおしていただければ、このあとに書かれている内容の理解度が格段に高く、そして深くなります。第1章 裁量配分・抽選配分攻略の基礎+α1 証券会社ごとに戦略(攻略方針)を決めることの重要性2 裁量配分攻略の基礎
2-1 必要な資金はどれくらい?
2-2 資金を投入すればIPOを入手できるか
2-3 買いたくない金融商品の断り方
2-4 担当者を喜ばせる金融商品とは
2-5 金融商品を購入せずに証券会社に手数料を落とす小技
2-6 裁量配分攻略の対象にする証券会社の数
2-7 資金が十分でない場合の裁量配分攻略法
2-8 裁量配分の光と影
2-9 裁量配分の意外な攻略法3 抽選配分攻略の基礎
3-1 必要な資金はどれくらい?
3-2 当選確率を上げる方法各証券会社の個別の攻略法に入る前に、まずはその基本となる裁量配分および抽選配分の攻略法を確認します。
いずれも、知らなければライバルから一歩も二歩も遅れをとってしまうことばかりです。とはいえ、ここで取り上げているのは決して従来から語られてきた手垢のついたノウハウばかりではありません。
メールマガジンの読者の方々からいただいた情報やみずからの仮説・検証の中から発見した、まだあまり表に出ていないノウハウも盛り込んであります。ここまで読めば、あなたはIPO獲得のための基礎知識+αを身につけられるわけです。
この時点で、すでにかなりの数のライバルをリードできていることでしょう。第2章 ここで差がつく!証券会社情報ファイル1 証券会社別IPO(新規公開株)関連情報
1-1 ○○証券

1-27 ○○証券※IPOの主幹事・幹事をつとめ多くの銘柄を引き受ける、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社について、1社ごとにピックアップして解説※具体的な証券会社名をご覧になりたい方は、こちらのフォームから「立ち読み版」をご請求ください。お名前姓名メールアドレス※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー2 意外に知らないステージ制抽選の落とし穴
2-1 ステージ制抽選を実施しているおもな証券会社
2-2 【要注意】●●および●●に含まれる金融商品・含まれない金融商品
2-3 ローリスクで●●・●●対策に役立つ金融商品とは?いよいよここから、各証券会社のプロファイリングのスタートです。具体的には、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社のIPO配分ルールはもちろんのこと、ホームページに記載されていない情報、そして通常は公表されていない情報に至るまでを網羅し、証券会社ごとに見やすく一覧表にまとめています。また、一覧表に記載しきれない内容や重要なポイントの解説も加えて、この章を読めば証券会社27社のIPO関連情報と攻略のポイントが把握できるようになっています。特に、前受金が不要な証券会社前受金を不要にできる証券会社申し込み後は資金の拘束がない証券会社保有する有価証券等の範囲で前受金を不要にできる証券会社預入資金枠内で複数銘柄への同時申し込みが可能な証券会社など、ここにはたとえ資金が少なくてもIPOを獲得できるヒントやコツが満載です。
ここに書かれている情報を最大限に活用すれば、狙ったIPOを手に入れる確率はグッと高まります。また、後半では抽選配分の一種であるステージ制抽選について、おそらく攻略に取り組む多くの方がまだ気づいていないであろう要注意項目を明記し、まとめあげています。この要注意項目に気づかずにステージ制抽選の攻略を狙うのは、正直言って無謀としか言いようがありません。
それくらい重要なポイントですから、ここはぜひ押さえてください。さらに締めくくりとして、ステージ制抽選の攻略に役立つ金融商品も厳選して紹介しています。
ローリスクで●●・●●としても有効な金融商品とは何か...その答えが、ここにあります。第3章 これが実態だ!IPO(新規公開株)配分実績データ徹底分析1 IPO(新規公開株)配分実績データとは?
1-1 ○○証券

1-27 ○○証券
※IPOの主幹事・幹事をつとめ多くの銘柄を引き受ける、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社について、1社ごとにピックアップして解説※具体的な証券会社名をご覧になりたい方は、こちらのフォームから「立ち読み版」をご請求ください。お名前姓名メールアドレス※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー“IPO配分実績データ”と聞いても、ピンと来ない方も多いと思います。
これは日本証券業協会のホームページで公開されている、証券会社ごとのIPOの配分実態を公表しているデータです。このデータでは、各証券会社が自社で取り扱ったIPOに関して、1銘柄ごとにどういった配分方法で配分したかを実際の株数等の数値で示したものです。私は、このデータを公開当初から毎月独自に集計し、グラフ&図表化してきました。
この章では、こうしてまとめたIPO配分実績データをもとに各証券会社のIPOの配分実態について分析し、解説をおこなっています(対象期間:2006年8月~2007年6月)。つまり、前章の「プロファイリング その1」とここでの「プロファイリング その2」を照らし合わせることで、いわば証券会社の“タテマエとホンネ”が白日のもとにさらけ出されてしまうわけです!ちなみに、なかには“こんな集計は自分でもできるよ”とお感じになった方もいらっしゃると思います。
そうです、たしかにやってやれないことはありません。でも、本当にやりますか?実際に取り組んだからこそ言わせていただきますが、これは作業量が膨大になるため、かなり心してかかる必要があります。
ここにすでに集計はおろか分析までおこなった情報があるのですから、ご自身の貴重な時間を無駄にしてはいけません。第4章 ホンネで迫る!証券会社別攻略法1 ○○証券

27 ○○証券
※IPOの主幹事・幹事をつとめ多くの銘柄を引き受ける、総合証券会社からネット専業証券会社までの主要証券会社27社について、1社ごとにピックアップして解説※具体的な証券会社名をご覧になりたい方は、こちらのフォームから「立ち読み版」をご請求ください。お名前姓名メールアドレス※迷惑メール振り分け機能があるメールアドレスにはメールが届かないことがありますので、なるべくご使用をお控えください。
プライバシーポリシー「プロファイリング その1」のIPO配分ルールと「プロファイリング その2」のIPO配分実績データをもとにして、いよいよここで主要証券会社27社の具体的な攻略法に迫ります。
もちろんこうした私自身の分析に加えて、私のメールマガジン読者の方々からいただいた多くのIPO当選情報や証券会社情報から得たヒントや抽出したエッセンスも、ここには存分に盛り込まれています。ちなみに、証券会社によっては支店ごとにルールや扱いが異なるところもありますから、残念ながらここで示した攻略法どおりにはいかないこともあります。
ただし、ここで紹介する攻略法こそが各証券会社を攻略する上での基本ですから、これが大いなる指針になるのは間違いありません。なにより、客観的な情報と実際の配分データ、そして数多くいただいてきたIPO当選情報や証券会社情報から導き出した攻略法ですから、これまでのものとは説得力が違うということはご理解いただけることと思います。さらに、この章ではこれまでいただいてきた数多くの情報や私自身の調査・経験を踏まえた証券会社ごとのIPOの獲得しやすさを、5段階評価で示しています。
これなら、IPOをこれから始めたいと思っている方やIPOを始めたばかりという方でも、どの証券会社に力を入れたらいいのかが一目瞭然です。第5章 【厳選】利益を出し続けるための銘柄選び10大ポイント1 社名
2 事業内容
3 上場市場
4 公開株数
5 売買単位
6 想定公開価格・仮条件
7 資金吸収(見込)額
8 需給関係
9 業績
10 株式市場の地合いIPOで継続して利益を出し続けるには、実は証券会社の攻略だけでは不十分です。なぜなら、IPOにおいて「片っ端から申し込んでなんでもいいからゲットできれば儲かる」という時代はすでに終わっており、“片っ端から申し込んで”いては資金が拘束されるばかりでほとんど利益にならないからです。
多くのIPOゲッターが申し込む銘柄を選別しはじめた現状では、こうした取り組み方では利益がほとんどでないIPOや公募割れIPOしか手にすることができない状態なのです。ですから、IPOで継続して利益を出し続けるには、申し込むIPOを選別することも重要になってきます。とはいえ、IPOの初値を形成する要素は複雑で多岐にわたるため、そのすべてを考慮に入れようとするとかえって的が絞れなくなってしまいます。
そこで、ここでは利益が出そうにないIPOを避けて、利益が出るIPOだけをピックアップできるようになるための10のポイントをお伝えします。ここで紹介しているIPO選別の方法をマスターしてはじめて、あなたはIPOで継続して利益を出し続けるようになれるのです。第6章 総仕上げ!12のNGポイントを回避せよ1 IPOの割り当てが多そうな●●の支店に口座を集中させている
2 抽選配分狙いだから口座はすべて●●口座
3 IPOを申し込む証券会社に偏りがある
4 焦って微妙な銘柄にまで手を出している
5 申し込み株数(単元数)はつねに●●●●
6 IPO当選→売却後に口座から資金を●●●●ことが多い
7 具体的な金額目標や明確な目的を持たずになんとなく資金を預け入れたり手数料を落としている
8 多額の資金を預け入れ、取引もおこなったからIPOがまわってくると思っている
9 担当者からの電話は鬱陶しいのであまり出ない
10 お勧め銘柄やお勧め金融商品を、●●が●●ことを理由に断っている
11 担当者に●●を言ったり、担当者を●●るような話をすることがある
12 獲得したIPOを●●しているここまで来れば、あなたにはもうIPOを継続的に獲得して利益を出し続ける実力が備わっています。
早速証券会社に申し込みを、といきたいところですが...ちょっと待ってください!IPOの世界では、やってはいけない“禁じ手”がいくつもあります。
知らず知らずのうちにこれを犯してしまうと、せっかくここまで培ってきたノウハウも水の泡になるおそれがあるのです。そこで、最後にIPOにおける代表的なNGなポイントを12にわたってリストアップしました。
しかも、やってはいけない度合いを3段階で示した「NG度」も、あわせて明記しています。おそらく、ここには長年IPOに取り組んでいる方でも「ギクッ」とさせられる点があるはずです。
ですから、ここはかならずチェックして、これまでの努力を無駄にしないようにしてください。ここまで実践できれば、あなたはIPOで継続して利益を出し続けるようになれるのみならず、
IPOの取りこぼしもなくなり利益を2倍にできる、と言っても過言ではありません。いかがでしょうか。
これが、『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』の全貌です。つまり、あなたはこのE-BOOKで以下の情報・ノウハウを手に入れることができるわけです。この『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』は、トータル250ページを超えるボリュームになっています。
質・量の両面から見て、IPOのE-BOOKとしては前代未聞の一冊です。 さらに、今回はご購入いただいた方限定で2つの特典を用意させていただきました。まずひとつは、「プロファイリング その2」の第2章で取り上げた主要証券会社27社のIPO配分実績データの完全版E-BOOK『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~【データ編】』です!これは、証券会社ごとにIPOの配分実績データを1ヶ月刻みで集計し、グラフ化したデータ集です。
しかも、1ヶ月間の集計結果を視覚化したグラフのみならず1銘柄ごとの配分数と配分比率を明記した内訳の一覧表も、あわせて掲載しています。つまり、グラフでその月の全体的なIPOの配分傾向を掴みつつ、なおかつ一覧表でさらに踏み込んだ銘柄別の配分実態までをもチェックすることができるのです。<実際のグラフ+一覧表のイメージ>そもそもIPOの配分は、その銘柄の諸条件や人気度によって裁量配分と抽選配分の比率が銘柄ごとに微妙にブレることが多々あります。
ですから、銘柄ごとに配分実態がわかると、人気があって初値も高騰した銘柄は各幹事証券会社でどのように配分されていたのか、また人気がなく公募割れした銘柄は各幹事証券会社でどのように配分されていたのかといった詳細なデータまでが、しっかり読みとれるのです。これは、攻略を狙っている証券会社においては特に有意義なデータになりますよね。ちなみにこの購入者限定特典E-BOOKには、証券会社27社の10ヶ月分のデータを掲載しています(対象期間:2006年8月~2007年6月)。そのページ数、150ページ。
そう、150ページの貴重なIPO配分実績データ集が、なんと無料なのです!ちなみに本編のE-BOOKとあわせると、総ページ数は400ページを超えます。
こんなに充実したIPO関連のE-BOOKが、これまであったでしょうか。そしてもうひとつの特典は、冒頭で紹介した限られた方しか読むことができない私のプレミアメールマガジン『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』への登録です。このメールマガジンは、無料で誰でも読むことができるもうひとつのメールマガジン『【新規公開株攻略マガジン】IPO当選情報ステーション』ではなかなか書けないIPO獲得ノウハウ証券会社情報、ブックビルディングが始まるIPOへの参加スタンスIPO関連お役立ち速報(ニュース)その他各種投資ノウハウといった有益で密度の濃い情報を、週1~2回のペースで配信しています。これまで多くの方々から「どうしたら読むことができるんですか?」「これは有料でも読みます」「バックナンバーはすべて保存しています」等々の反響をいただいてきたいわば“幻の読者限定メールマガジン”に、購入者限定特典として登録させていただきます。また、証券会社のIPOに関するさまざまなルールや対応は、随時変化していきます。
E-BOOK発売後に生じるであろうこうした変化についても、この『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』で随時フォローしていきますので、ご安心ください。『IPO(新規公開株)マイスター倶楽部』は、これまで多くの方々から
「どうしたら読むことができるんですか?」
「これは有料でも読みます」
「バックナンバーはすべて保存しています」
等々の反響をいただいてきたいわば“幻の読者限定メールマガジン”です。
今回は購入者限定特典としてこのプレミアメールマガジンに登録させていただきますので、どうぞお楽しみに。これら購入者限定2大特典で、あなたのIPO獲得スキルはさらにパワーアップされること間違いなしです!さて、この前代未聞のE-BOOK『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術~データで暴く!証券会社別攻略法~』の気になるお値段ですが...従来までのIPO関連のE-BOOKは、100ページほどのボリュームで2万円前後の販売価格のものがほとんどでした。
ということは、このE-BOOKのお値段は、8万円? 6万円? 4万円?...いいえ、違います。『利益倍増!IPO(新規公開株)プロファイリング獲得術・データで暴く!証券会社別攻略法・』は、購入者限定2大特典をおつけして、ズバリ9,800円です!あなたは、これだけの質と量を兼ね備えているにもかかわらず1万円を切っているE-BOOKを、これまでに目にしたことがありますか?

>> 続きはこちら






スポンサーサイト



 
プロフィール

syokenddtora

Author:syokenddtora
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード